鹿児島県の【株式会社Real(レアル)】。非破壊検査 X線探査 RCレーダー検査 コア抜き アンカー工事

  • 業務案内
ホーム > 業務案内 > コンクリート内部X線探査
X線探査
X線探査

コンクリート内部X線探査

  • 1.レントゲン(X線)透過

    対象物の裏側にフイルムを設置し、レントゲン(X線)を対象物に透過させてコンクリート内部の鉄筋や電線等の埋設物を撮影します。
    フィルム1枚で有効寸法約200×175mmの撮影ができます。
    撮影可能な厚さは約300mmまでとなります。

  • 2.撮影

    撮影中は、第3者への放射線被曝を防止するため、X線発生装置から半径5m以内、裏側のフィルムより半径1.5m以内が立ち入り禁止になります。
    厚さ250mm以下の場合、撮影は約1分程度で終了します。

  • 3.現象、解析判定

    撮影したフィルムは、車両内に完備した暗室で現像し、解析判定を行います。
    撮影後、約15分~30分程度で現像できます。
    解析・判定後、撮影した箇所に埋設物の有無・撮影有効範囲などの撮影結果を転写・表示し、フィルムはお渡しします。

  • 4.施工フロー

施工フロー

事故を未然に防ぐ!!

内部探査はこのような場所で多く用いられています
コンクリート構造物の維持・改修工事等では、削孔工事や切断工事・アンカー工事が多く取り入れられています。
この際に床や壁に埋設された鉄筋・電線管・電話回線・水道管・ガス管などの配線を切断してしまう事故を未然に防ぐため、X線探査や電磁波レーダー探査によるコンクリート内部探査が効果的です。
このような工事の前に
鉄筋探査比較図